飲食店でのPOSシステムの導入について

  • 飲食店でのPOSシステムの導入について

    • POSシステムは、『いつ、どのような商品が、どの価格で、何個売れたか』という売り上げ状況がリアルタイムで把握できるシステムです。飲食店においてはテーブルの収容状態や料理の受付などもわかりやすくチェックでき、注文漏れや配膳の間違い防止にも役立ちます。

      来客のテーブル移動や個別会計まで対応できるので、従来の電卓による別途計算は必要なくなります。

      posレジのタブレットがとても人気であることがわかります。

      また、曜日や天気、来店者の性別、人数などさまざまな条件、要素から分析ができるようになります。

      メニューや売り上げの管理ばかりでなく、勤怠管理機能も備わっています。
      POSシステムにより従業員の出勤、休憩、退社までも記録でき、給与計算も自動で算出可能です。

      店舗が増えれば、インターネットを通じて複数の店舗を管理し、売り上げ、廃棄、人件費などを日々、リアルタイムに把握することができます。

      お勧めのマイナビニュースに関するお悩み解決にはこちらです。

      従来閉店後に、手書きの伝票を元に集計し、売り上げ計算や帳簿付けの作業を行っていたことを、すべて自動で行い、分析まで可能になるのですからとても魅力的なシステムです。



      しかし単にシステム化するのではなく、飲食店でのPOSシステムの導入は店の規模、従業員数、業務内容などから判断して、どのレベルのシステムを導入するかを決めることが大切です。

      初期費用だけでなく、ソフトやシステムの使用料金が毎月必要という場合もあります。

      導入費用がかかっても、その飲食店での必要機能が備わっており、将来的にもアップグレードが安価であればお得という場合もあります。
      また、このシステムのデータは、利用者の企業秘密でもあるので、どのように、どのようなプロテクトをかけられるのかも確認しておく必要があります。


      POSシステムは飲食店の業務形態を改善してくれるシステムです。

      導入には、店に必要な要素とPOSシステムの内容が合うかどうかを十分に検討してください。

  • 関連情報

    • 飲食店の中でも「大手やチェーン展開をしている飲食店」では、ほぼ間違いなく「POSシステム」を導入しています。POSシステムとはどういうものかという説明は割愛しますが、これによって「計数管理がしやすくなる」という非常に大きなメリットがあります。...

  • 基礎知識

    • 飲食店でポスシステムを導入しているのは中堅から大手が多く、フランチャイズなどは特によく導入しています。個人店や中小零細企業の場合はポスシステムを導入せず、店舗単位の管理を本部で集計するという状態も少なくありません。...

  • 身に付けたい知識

    • ポスシステムを導入するためには非常に高額な導入コストが必要になることも少なくありません。最近では初期費用を大幅に抑えながらポスシステムを導入することも可能になっていますが、導入後の維持管理に関わるランニングコストなどは当然ながら必要です。...

  • ためになる情報

    • 大型の飲食店だけではなく、小さな飲食店でもPOSレジを使うところが多くなってきました。これは売り上げなどを計算するためのデータ整理が簡単になるからです。...

top