飲食店でのPOSシステムの導入について

  • ポスシステムがもたらす飲食店へのメリット

    • ポスシステムを導入するためには非常に高額な導入コストが必要になることも少なくありません。
      最近では初期費用を大幅に抑えながらポスシステムを導入することも可能になっていますが、導入後の維持管理に関わるランニングコストなどは当然ながら必要です。

      POSシステムに今、注目が集まっています。

      仮に手打ち式のレジを使用した場合、購入コストと消耗品や維持管理に若干のコストが必要にはなるものの、月額に換算すれば微々たる負担で済みます。

      Reutersに関する情報が満載のサイトです。

      しかし、それほど大きな負担を負ってまでポスシステムを導入する飲食店(特に大手やフランチャイズ)が多いことの理由はなぜでしょう。
      明らかに明確な理由があるからこそコストを掛けてまで導入をしている訳ですが、その最たるものを挙げると「管理の容易さ」があります。
      飲食店では、日々の売り上げ金額や販売商品数、時間帯売上、客単価などを分析してマネジメントを行います。

      日ごとの特徴を把握した後は週単位、月、年と期間を延ばしながら情報を分析していきます。


      その結果、飲食店のマネジメントをするうえで重要なコスト管理を効率よく、かつ根拠を持って行えるようになるため、利益増大において非常に大きな意味を成します。

      これらの情報収集や分析を人力で行う場合、それ専門の担当者が必要になります。仕事を一つ確定してしまうと言ことは、その為の人材育成コストや雇用コストなども必要になりますし、何よりも「余計なコストを増やしてしまう」という結果になります。



      そのリスクを解消できる方法としてポスシステムは非常に有効であることから、多くの飲食店で採用されている訳です。

top