飲食店でのPOSシステムの導入について

  • ポスシステムを用いて出来る飲食店の管理法

    • 飲食店でポスシステムを導入しているのは中堅から大手が多く、フランチャイズなどは特によく導入しています。

      個人店や中小零細企業の場合はポスシステムを導入せず、店舗単位の管理を本部で集計するという状態も少なくありません。
      ポスシステムを導入するためには比較的大きなコストが必要になる他、維持管理に掛かるランニングコストも決して安いものではありませんから、コスト削減を目的に人力での管理を主体にしている場合が多いということです。
      確かにPOSシステムを導入するコストは比較的高額になることが多いものの、飲食店における計数管理を効率よく実現していくためには非常に優秀なツールです。

      例えば、レジでお会計をする際に伝票に印字されているバーコードをスキャナで読み込むだけで内容をレジに表示することが出来るので、スタッフが商品ごとの価格を覚えて対応する必要がなくなります。



      その上、清算処理が完了すると同時に販売データが集計され、リアルタイムで売上高や客数、客単価と言ったデータを確認することも可能です。


      飲食店において利益を上げるために重要な「人件費」や「原価」については、POSシステムを導入することで一定の削減が期待できます。

      期待できるマイナビニュース情報選びをサポートするサイトです。

      特に人件費に関する影響は大きく、未導入の状態では計数管理はおろか日々の売り上げ管理すら多くの時間を掛けて行わなければいけないのですが、瞬時にデータとして管理できるポスシステムを利用することによってそのコストを削減することが出来ます。

      ポスレジの情報がわかりやすく紹介されています。

top