飲食店でのPOSシステムの導入について

  • POS導入で飲食店のマネジメントは格段に改善できる

    • 飲食店の中でも「大手やチェーン展開をしている飲食店」では、ほぼ間違いなく「POSシステム」を導入しています。

      東京の鉄板焼きの情報を提供しているサイトです。

      POSシステムとはどういうものかという説明は割愛しますが、これによって「計数管理がしやすくなる」という非常に大きなメリットがあります。


      まず、飲食店では日々の販売情報から売上、客数、客単価、回転率、商品出数などを割り出します。
      レシートジャーナルを用いて行う方法が一般的ですが、その他に手書きの伝票を営業終了後に集計して管理するような方法も用いられます。特に中小零細企業でその傾向が強く、数字を管理するだけでも非常に大きなコストが必要になっています。

      素敵なマイナビニュースを自分らしく選ぶなら此方のサイトがオススメです。

      個人経営の店舗であれば、店主(オーナー)が対処するので人件費は発生しないということもありますが、従業員にこの管理を任せる場合には人件費が発生してきます。

      また、店主が行う場合であっても「時間のロス」は否めません。
      ところが、POSシステムを導入することによって、これらの管理を「瞬間的かつ一元的に管理」することが出来る様になります。



      レジでバーコードを読み込み清算処理を行うだけで、その取引の内容(売上、商品名、販売個数、客数、客単価など)がデータとしてパソコンで管理できる状態になります。

      このデータは蓄積されていくので、週間や月間、年間と言った期間における販売データを参考にして経営戦略を立てることも容易になります。


      計数管理が出来ているかどうかは利益の創出に大きな影響を与えるものであるため、コスト面を考慮しても大きなメリットが期待できます。

top